2011年02月10日

口内炎

口内炎とは、口の中の粘膜部分にできる炎症の総称です。
その症状や原因は、人によってさまざまとなりますが、一般的に多くみられているのは「アフタ性口内炎」と呼ばれているものです。

PR:マッサージ 京都

アフタ性口内炎の特徴とは、丸いクレーターのように中央部が浅く窪んだ白っぽい潰瘍が1個から数個できることです。
口内炎ができることで、食べ物や飲み物がしみたり、食べ物があたって痛く感じたり、できたところによっては痛みで思うように喋れなくなることもあるようです。

PR:オイルマッサージ 京都市下京区

だいたい1〜2週間ほどで治るとされていますが、何度も繰り返してできる場合は「再発性アフタ口内炎」と呼ばれています。
タグ:口内炎
posted by mambo560009 at 14:00| 健康総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

耳鳴り

耳鳴りは、あくまで症状の1つで、耳鳴り自体は病気ではありません。

大きな騒音や爆発音などによる損傷、耳の感染、外耳道や耳管の閉塞、耳硬化症、中耳の腫瘍、メニエール病など、耳に関連する病気やけがの75%以上が症状として耳鳴りを伴います。

耳鳴りは、耳以外の障害でも生じることがあります。
貧血、高血圧や動脈硬化といった心臓や血管の病気、甲状腺機能低下症、頭部のけがなどが原因となります。

耳鳴りには、さまざまな音があります。
そのときによって音が変化するなど、複雑な耳鳴りが聞こえる人もいます。
これらの音は静かな場所で、特に何かに集中していないときに聞こえやすくなります。
そのため、眠りにつく際に最も気になります。

個人差も大きく、ひどく悩まされる人もいれば、それほど苦痛に感じない人もいます。
タグ:耳鳴り
posted by mambo560009 at 11:50| 健康総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

外耳炎

外耳炎は、外耳道が感染によって炎症を起こした状態のことです。

外耳道の全域にわたるびまん性外耳炎と、耳に小さなおできができる限局性外耳炎があります。

びまん性外耳炎はさまざまな種類の細菌や、まれに真菌によっても起こります。
アレルギー、かんせん、湿疹のある人、頭皮に皮膚炎がある人は、特に外耳炎にかかりやすくなります。耳あかを取っていて外耳道を傷つけたり、耳に水が入ったり、ヘアスプレーや毛染め剤などの刺激物が外耳道に入っても、外耳炎になります。

びまん性外耳炎の症状は、かゆみと痛みです。いやなにおいのする白または黄色の耳だれがみられることもあります。
タグ:外耳炎
posted by mambo560009 at 11:43| 健康総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

骨粗しょう症

骨粗しょう症には 2つのタイプがあります。

1つめのタイプは、原発性(一次性)骨粗しょう症です。
特に原因となる病気がなく、骨の形成や吸収にかかわる機能の異常によって起こります。

2つめのタイプは、続発性(二次性)骨粗しょう症です。
原因となる別の病気があるために起こるもので、骨粗しょう症全体の5%未満がこのタイプです。

続発性骨粗しょう症の原因となる病気には、慢性腎不全や内分泌疾患があります。
また、続発性骨粗しょう症を起こす薬剤には、コルチコステロイド薬、バルビツール酸、抗けいれん薬などがあります。

アルコールの過剰摂取や、喫煙も骨粗しょう症を悪化させます。
しかし、それが骨粗しょう症の原因になるわけではありません。
posted by mambo560009 at 11:56| 健康総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

高脂血症にも効果のある食物繊維

整腸効果で便秘の解消に役立つことでも知られる食物繊維は、高脂血症にも効果を発揮します。

食物繊維は、人間の消化酵素では分解できないので、消化されずに食物と一緒に腸を通り便通を促します。
そしてアロママッサージ 港区によると、腸内で中性脂肪やコレステロール、糖質などの吸収を妨げ、胆汁酸を吸収して体外に排出します。
そうなると、体内で新たな胆汁酸を作ることとなるのですが、この胆汁酸を生成するのに必要となるのが血中のコレステロールです。
つまり、食物繊維を多く摂取することで、血中コレステロール値や血糖値を調整できることになります。

食物繊維には、水溶性と不溶性の二種類がありますが、コレステロールを減少させたり、増加を抑制したりする効果が早いのは、水溶性食物繊維の方です。
海藻類や豆類、緑黄色野菜に多く含まれていますね。
不溶性食物繊維は、きのこ類や野菜に多く含まれています。
便と一緒にコレステロールや発がん物質などの有害物質も都内 オイルマッサージのように体外に排出するので、やはり、コレステロールの低下や肥満の予防などに効果を発揮します。
posted by mambo560009 at 13:08| 健康総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。