2012年11月03日

夜遅く食べれば太る

夜遅くごはんを食べて、すぐに寝てしまえば翌日胃がもたれてしまう。

ということもありますが、寝ている間は体に蓄えている脂肪をエネルギーとして消費しようとします。

しかし、深夜に食事をしてエネルギーを多く摂取していると、エネルギーは使い切れずに脂肪として蓄積されるのです。

近年、体のどの仕組みで太るかということも明らかになりました。

昼間の時間より、夜遅くに食べると、脂質蓄積を増進する可能性が高くなってしまいます。

夜は、なるべく午後9時から10時までに食べ終えるようにしましょう。

夜型生活が続いて睡眠不足になってしまうと、食欲抑制ホルモンの働きが低下していき、逆に食欲促進ホルモンが活発になって、肥満につながるのでは?と考えられます。


posted by mambo560009 at 19:42| 健康総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。